" />

栄養

「分子栄養学」コレステロールは悪者ではない!少ない方が危険です!

 

Aさん
血液検査でコレステロールが高いんだよね。
薬を飲んで減らすしかないよね?

このような悩みを解決します。

 

  • 本記事の信頼性

この記事を書いている私は、理学療法士10年目、ピラティスインストラクター2年目。分子栄養学の情報は、オンラインアカデミーで学習した内容を参考にして書いています。

 

ぐっちー

コレステロールは、人間の体にとって必須の栄養素」です!

薬で減らすだけでなく、食事にもアプローチしましょう!

 

この記事を読む前に、オススメの記事!




コレステロールとは?

画像2

私もそうでしたが、
コレステロールについて
「マイナスなイメージ」
持っている人が多いと思います。

 

コレステロールのよくある勘違い

結論を言ってしまうと、
以下は正しいとは言えません!

  • コレステロールは悪者!
  • 脂肪は食べてはいけない!減らす!
  • 卵は1日に1つしか食べてはいけない!

 

このような悪者のイメージが
強いコレステロールですが、
人の正常な機能を維持するために
「必須の栄養素」といえます。

コレステロールは、
体の中で作られる脂質の一種です。

 

コレステロールの重要な役割

コレステロールの主な役割は、
以下の4つがあります。

  • ホルモンの原料(コルチゾールや性ホルモン)
  • 胆汁酸の原料 (胆汁の主原料)
  • ビタミンDの原料
  • 細胞膜の構成成分

 

ホルモンの原料

コルチゾール(抗炎症作用)と性ホルモンは、
原料としてコレステロールが必要です。
コルチゾールについては、過去の記事で詳しく解説しています。

 

胆汁酸の原料

脂肪を消化吸収するために、必要な胆汁酸を分泌するためにも、原料となるコレステロールが必要です。

 

ビタミンDの原料

カルシウムの吸収促進、骨の形成と成長促進、免疫を高めるなど重要な機能を持っているビタミンDの原料はコレステロールです。

 

細胞膜の構成成分

コレステロールは細胞膜の原料でもあり、神経ニューロンにも多く含まれています。
カラダにある全コレステロールの 1/4(25%)は脳に集中しています

 

 

ぐっちー
こんなにも、たくさんの役割があるのです!!
少し、コレステロールを見直しましたか?

 

コレステロールの種類

画像1

コレステロールの種類は、画像では4つありますが…

血液検査から分かる脂質は、主に3種類あります。

  • HDLコレステロール
  • LDLコレステロール
  • 総コレステロール

 

LDLコレステロール(輸送型コレステロール)

悪玉コレステロールと呼ばれますが、
カラダの各細胞に必要なコレステロールを運んでいます。

輸送型コレステロールと覚えましょう!

 

HDLコレステロール(回収型コレステロール)

善玉コレステロールと呼ばれますが、
カラダの各細胞に必要なコレステロールを回収している。

回収型コレステロールと覚えましょう!

 

総コレステロール

LDLコレステロールとHDLコレステロールの数値を足したもの。

 

ぐっちー
さまざまな原料になる
コレステロールを色々な臓器に
運んだり、回収したり
素晴らしい仕事をしています!

 

コレステロールの正常値

画像5

 

血液検査におけるコレステロールの正常値を見てみましょう!

 

スクリーンショット 2020-04-20 20.34.00

おそらく、
分子栄養学的基準値を見たのは、
はじめてではないですか?

いつもの血液検査で
正常値になっている方も
警告レベルアウト値
なっていませんか?

検査値から考えるべき4つのポイント!

  • LDLコレステロールは、低値のほうが危険!
  • HDLコレステロールは、高ければ良いわけではない!
  • 低LDLコレステロールと高HDLコレステロールは最も危険!
  • コレステロール値が変化する理由を考える!(重要)

 

 

LDLコレステロールは、低値のほうが危険! 

LDLコレステロールは、
タンパク質の代謝を表し、
コルチゾールやビタミンDの原料であり、
100mg/dL以上は必要だと言われています。

100mg/dL以上を切ってしまう場合は、
「低栄養状態」かもしれません。

 

HDLコレステロールは、高ければ良いわけではない!

HDLコレステロールは、
50mg/dL以上は必要であり、
運動して代謝が上がると
細胞膜のターンオーバーのために
数値が上がります。

HDLコレステロールが高い状態は、
たくさんコレステロールが
回収されるということになり、
「細胞膜が壊れすぎて、
回収しないといけない」

という可能性もあります。

 

低LDLコレステロールと高HDLコレステロールは危険!

  • 低LDLコレステロール:低タンパクで低栄養状態
  • 高HDLコレステロール:細胞膜がどんどん壊されて回収される

以上の2つが重なることで、
かなりの低栄養状態になると考えられる。

 

コレステロール値が変化する理由を考える!(重要)

スクリーンショット 2020-04-19 1.46.13

LDLコレステロール値が高いからといって、
安易に薬を飲んでコレステロール値を
下げようとするのは良いとは言えません。

違う例を挙げると、
姿勢が悪い人に良い姿勢を真似させることは、
結果を治していることに過ぎません。

もしかしたら、
足の裏の感覚情報が分からず、
恐怖心で全身の筋肉が緊張して、
姿勢が悪くなっているかもしれません。

コレステロール値が高いのは結果であり、
根本の原因を考えて取り除くことが重要になります。

図では、
過剰なリノール酸と糖質の摂取が、
慢性炎症を引き起こし、
高LDLコレステロールになっています。

ぐっちー
対処すべきは、インプットである
栄養素ではないでしょうか?

 

コレステロール値を下げるには

画像4

では、コレステロール値が高い場合の対処法について説明します。

①根本の原因を取り除く
(質的栄養不足、慢性炎症など)

②水溶性食物繊維を摂取する

③便秘を改善し、コレステロールを排泄できるようにする

※ 女性は更年期や卵巣摘出などで上昇していることもある
※ 遺伝性の高脂血症の場合はたまごも控えた方が良い

 

① 根本の原因を取り除く(質的栄養不足、慢性炎症など)

画像10

根本の原因として考えられるものは、以下の4つです。

  • 細胞膜が壊れているとき
    何らかのダメージが有る(細胞膜の修復のために、コレステロール値が上がる)
  • 慢性炎症
    アトピー、肥満、花粉症、質的な栄養不足(コルチゾール分泌のため、コレステロール値が上がる)
  • ストレスが多い(コルチゾール分泌のため、コレステロール値が上がる)
  • 更年期、閉経
    (女性ホルモンの分泌が減り、コレステロールが余る)

 

多くの場合は、
質的な栄養不足
(過剰なリノール酸・糖質の摂取)
によって慢性炎症が引き起こされています。

よって、普段の食事において
過剰なリノール酸・糖質の摂取を減らすことが重要になります。

質的な栄養不足については、過去の記事でも詳しく解説しています。

 

② 水溶性食物繊維を摂取する
③ 便秘を改善し、コレステロールを排泄する

画像11

体内のコレステロールの総量は、
約120〜150gであり、肝臓で作られます。

成人の 1 日当たりの
コレステロール合成量は
12~13 ㎎ / ㎏で、約900mgほどあります。

  • 血液検査でのコレステロール値は、
    体内コレステロールの約 8%である
  • コレステロールは
    食事から摂取する量よりも、
    体内で合成される量(体内合成量)
    の方が多い

つまり、血液検査で
LDLコレステロールが高いときは、
食事よりも体内で合成量を上げないと
いけない理由(エラー)があります。

その1番の理由は、
胆汁酸を再吸収することです。

胆汁酸の再吸収を抑えるには、
高い吸収力と体外への排出を促してくれる
水溶性食物繊維の摂取が有効です。

便秘でも毎食、水溶性食物繊維
手のひらの大きさを目安に摂取する

ことがコレステロールを下げることに繋がる。




コレステロールを上げるには

画像6

LDLコレステロール値が
低いことは、大きな問題になります。

コルチゾールが十分に分泌されない

✓朝起きるのが苦手
✓ストレスへの耐性が弱い

胆汁が十分に分泌されない

✓脂肪の消化吸収能力が低下する
✓ビタミンA、Dなどが吸収できない

 

コレステロール値を上げるには、
タンパク質の代謝を上げること、
消化吸収できること
が重要です。

では、
コレステロール値が低い場合の
対処法について説明します。

① タンパク質を、毎食食べる
② 食事量を増やす(低栄養の改善)
③ 消化管を回復させる(慢性炎症の改善も含む)

 

① タンパク質を、毎食食べる。
② 食事量を増やす(低栄養の改善)

スクリーンショット 2020-04-19 11.09.39

LDLコレステロールの表面を
包んでいるのはタンパク質です。

低タンパク状態だと
表面を包むことが出来ないため、
コレステロール値が下がってしまいます。

そのため、
毎食の食事で
手のひらの大きさを目安に
タンパク質を摂取する
ようにしましょう。

 

③ 消化管を回復させる(慢性炎症の改善も含む)

タンパク質や食事の摂取量が増えても、
胃や腸などの消化吸収能力が低い
カラダに栄養素が入っていきません

消化器の機能を回復させるためには、
「回復食」が良いでしょう。

以下を参考にして下さい。

特に重要なもの
水溶性食物繊維の摂取

タンパク質が食べられない場合
・ブロススープやホエイプロテイン
・ペプチドやアミノ酸などサプリメント

炭水化物が食べられない場合
・マルトデキストリン

食物繊維が食べられない場合
・イヌリン
・オリゴ糖

唾液・胃酸の分泌を促進
・レモンと梅干し

ぐっちー
こちらの詳細は、
今後の記事で解説します!

 

まとめ

今回は、コレステロールが悪者ではなく、
人間に必須の栄養素であることを解説しました。

LDLコレステロールは、低値のほうが危険!
HDLコレステロールは、高すぎていない!

コレステロール値を下げるには、

・リノール酸と糖質の摂取量を減らす
(質的な栄養不足、慢性炎症を改善するために)
・水溶性食物繊維の摂取

コレステロール値を上げるには、

・ タンパク質を、毎食食べるようにする
・ 食事量を増やす(低栄養の改善)
・ 消化管を回復(慢性炎症の改善)

以上を理解して、
コレステロールと上手に
お付き合いしていきましょう!

長文でしたが、読んで頂いてありがとうございます!




\この記事はどうでしたか?/

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぐっちー

『信頼できる運動・栄養の情報』をお届けします!! 理学療法士、PHIピラティスインストラクター。 リハビリテーションとピラティスと分子栄養学を愛しています。ケガが多かった自分の経験から、「コンディショニング(体の調子を整える)」をすることが重要だと考えています。

-栄養

© 2020 SHU1BLOG