" />

ピラティス

ピラティスってなに?理学療法士が解説します!

 

Aさん
ピラティスってよく聞くけど、どんな運動なんだろう?

このような悩みを解決します.

 

・本記事の信頼性

この記事を書いている私は、理学療法士10年目、ピラティスインストラクター2年目。勤務している整形外科クリニックでは、1ヶ月あたり約120名、約150時間のリハビリテーションを行っています。

 

・本記事から分かること

ポイント

  • ピラティスの6つの原則が分かる
  • ピラティスの種類が分かる
  • ピラティスの効果が分かる

 

ぐっちー
ピラティスは、優秀なエクササイズです!

正しく運動すれば、抜群の効果を発揮してくれますよ!

私もハマってしまい、インストラクターの資格を取得しました!

 

この記事を読む前に、オススメの記事!

 

ピラティスK

ピラティスってなに?

ピラティス(ピラティス・メソッド)は、
1920 年代にドイツ人従軍看護師
ジョセフ・ピラティス
開発したエクササイズです。

年齢・性別・体型に関係なく、
誰でも健康的な体を取り戻すための
運動療法のメソッドです。

ぐっちー

海外では、30年も愛されていて、日本では芸能人やスポーツ選手、リハビリ業界でも注目されています!

✔ピラティスのポイント
ピラティスを理解するために、
必要なポイントが以下の3つです!

・6つの原則とは
・ピラティスの種類について
・ピラティスの効果について

 

ピラティスの6つの原則

ピラティスには、
「心と身体と精神の調和」
目的にした6つの原則があります。

・コンセントレーション(集中)
・コントロール
・センタリング(体の中心)
・フロー(流れるように)
・プリジション(正確に)
・ブレス(呼吸)

 

コンセントレーション(集中)

ピラティス
エクササイズをするときは、
いつも集中して正しく動かしなさい!
意識しなくても出来るようにマスターすること!

運動をする上で、集中すること
当たり前のことかもしれません。

ピラティスは、動作・姿勢・呼吸など
意識することが、かなり多いので
集中することは必須です。

 

ぐっちー

最初に作った姿勢を崩さず!
息は吐きながら!
背骨を1つずつ曲げていく!

例をあげるとこんな感じです。

 

コントロール

ピラティス
筋肉は、自分の意思にしたがって動くべきである!
  • 赤ちゃんの手のひらに、触れると無意識に手を握る。
  • 熱いものに触れると、無意識に手を引っ込める。

これらを、反射と言います。

ぐっちー
ピラティスは、
身体の各部位の動き、姿勢、呼吸を意識して

自分の意志でコントロールすることが大切です!

反射に支配されては、いけません!

 

センタリング(体の中心)

全ての動きは、安定した体の中心から作られます。

ピラティスでは、
両肩と両腰からなる長方形の部分を、
”パワーハウス”と呼びます。

パワーハウスを意識して
エクササイズを行うことが重要です。

 

フロー(流れるように)

ピラティス

筋肉と靭帯を柔軟で張りのある状態にして、猫のようなしなやかな身体を作ることが出来る。

動作は優雅で流れるように、
そして一定のスピードで行われるべきです!

ピラティスは、
動作を止めることなく、
呼吸とシンクロしながら
流れるように行います。

動作に緩急をつけないで
一定のスピードで行うこと
重要なポイントです。

 

プリジション(正確に)

ピラティス

”知識を犠牲にしてまで、
結果を求めてはいけません!”

エクササイズ中の動作は、
正確で、おろそかにならないように!

姿勢、呼吸、動作を正確に行うことが
エクササイズの効果を高め、
身体への負担を減らし、怪我予防や
スポーツ復帰に効果を発揮します。

 

ぐっちー
動作は、丁寧で正確に!
量よりも質が大切です!

 

ブレス(呼吸)

ピラティス
呼吸は、
生まれて最初に行う行為であり、人生の最後に行う行為でもある。

”息を吐くときは、肺の中がまるで真空状態になるように”

肺からすべての空気が絞り出していくように

全ての動きは呼吸と結びついています!

 

呼吸については、
私のブログではお馴染みです!

この名言からも、
呼吸の重要性が分かりますね!

呼吸が適正化されなければ、 動作を適正化することはできない
Dr.Karel Lewit

 

ピラティスの種類

ピラティスには、上の写真のように
マットの上に寝転がってするイメージが
強いかもしれません!

大きく分けると、
ピラティスは
「マットピラティス」
「マシンピラティス」があります。

 

マットピラティス

名前の通り、
マットの上で行うピラティスです。

フィットネスクラブ、
スタジオで行われています。

気軽にエクササイズをしたい人には、
マットピラティスが向いています。

マットの上では、
重力に逆らって自分の体を
コントロールする

エクササイズが中心です。

 

ぐっちー

意外かもしれませんが、
マットピラティスは、
マシンピラティスと比べて

難易度が高いです!

マットの上で、
自分の感覚を頼りにして
体を動かすこと

ピラティスに限らず、
難しいことです!

 

マシンピラティス

専用の機械や器具を使用して行うピラティス。

パーソナルトレーニングで
行われることが多い。

バネや器具からの抵抗を受けることで
正しく動かしていく方向や強さが
分かりやすいのが特徴
です。

ぐっちー
機械を使うので
難しそうに見えますが、
ピラティス初心者の方、
高齢者の方、

体に不調がある方
でも

効果的にトレーニングを行うことが可能です。

 

器具の種類
:ピラティスリング、ストレッチポール、バレル、チェアー、タワー、リフォーマーなど10種類以上

 

ピラティスの効果

ピラティスには、
たくさんの効果(メリット)があります。
今回は、その中で重要だと思うものを3つ紹介します。

  1. コーディネーション
  2. 筋力増強
  3. 可動性
  4. 効率的な動き
  5. 動きのフロー(流れ)
  6. 適切な姿勢
  7. 心と精神の若々しさ
  8. 自らの気づき
  9. 自信
  10. 動物としての本来の自然な動きを取り戻す
  11. 心・身体・精神の統合
  12. クオリティ・オブ・ライフの向上

引用:運動療法としてのピラティスメソッドより

 

コーディネーション

1970年代に旧東ドイツのスポーツ運動学者が考え出した理論

  1. 「リズム能力」
    動くタイミングを上手につかむ
  2. 「バランス能力」
    崩れた態勢を立て直す
  3. 「変換能力」
    :素早く動きを切り替える
  4. 「反応能力」
    :合図に適切に対応する
  5. 「連結能力」
    身体全体をスムーズに動かす
  6. 「定位能力」
    物と自分の位置関係を把握する
  7. 「識別能力」
    :道具を上手に操作する

(引用:https://www.meiji.co.jp/sports/savas/savasjunior/training/training3.html)

 

ポイント

耳や目から入ってきた感覚の情報を、
脳で上手に処理して身体の各部位に
適切な指令を出す能力!

ぐっちー

なんだそれ?

難しい…ってなりますね。

ピラティスを一度やってみると、
呼吸と動作のタイミングを
合わせて動いたり、スムーズに
関節を動かすことの難しさ

感じることが出来ますよ!

 

効率的な動き

効率的な動きができると、

ポイント

  • 疲れづらくなる
  • 腰痛などの痛みがなる
  • エクササイズの効果が上がる

など良いことがたくさんあります。

上の写真は、
「プランク」というエクササイズです。

  • 呼吸を止めない
  • 肘の向きを直す
  • 腰を反ったり丸めない
  • お腹を意識する
  • 床を手で押す   など

エクササイズを通して効率的な動きを
理解することが出来ます。

 

自らの気づき

ピラティスは、
エクササイズを繰り返すことで
「自らの気づき」
身につけることが出来ます。

 

例えば、上の写真のように

ぐっちー
「背骨を1つずつ動かして
前屈していきましょう!」

と言われたときに、

 

Bさん
「あれ?私って腰のあたりの
背骨が丸くならない、動かない…」

というふうに気づくことが出来ます。

 

つまり、
無意識で気づかなかった自分の
問題点を見つけることが出来ます。


そして、それがエクササイズの
ターゲットになります!

 

ぐっちー

どれも素晴らしい効果でしたね!?

私が思うピラティスの最大の効果は、
「自分のイメージした通りに、
身体を動かせるようになることです!」

どのくらいで効果が出ますか?

ぐっちー

ピラティスさんは
「ピラティスは10回やってみると気分がよくなり、20回で見た目が変わり、30回で体のすべてが変わる」
という言葉を残しています。

まずは、10回で効果を感じてみましょう!

 

ピラティスってきつい?

ぐっちー

私が、はじめてピラティスをした次の日は全身筋肉痛でした。

教える人やプログラムによっても大きく変わるので、ジムのスタジオなどでは初心者クラスなどから始めましょう!

楽とは言えないかもしれませんが、得られるものも多いですよ

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、「ピラティスってなに?」という疑問に、以下の3つで解説しました。

・6つの原則

・ピラティスの種類

・ピラティスの効果

6つの原則を意識して、ピラティスを行えば、筋力や関節の可動域が大きくなるだけではありません。

コーディネーション、効率的な動き、自らの気づきなど、他にもたくさんの効果を得ることが出来ます。

また、個人的にはピラティスを始めるときは、個人で始めるよりもパーソナルトレーニングやマシンピラティスを経験してみることをオススメします。

今後は、ヨガとの違いや効果的なエクササイズを紹介していきたいと思います。

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

ピラティスK

\この記事はどうでしたか?/

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぐっちー

『信頼できる運動・栄養の情報』をお届けします!! 理学療法士、PHIピラティスインストラクター。 リハビリテーションとピラティスと分子栄養学を愛しています。ケガが多かった自分の経験から、「コンディショニング(体の調子を整える)」をすることが重要だと考えています。

-ピラティス

© 2020 SHU1BLOG